汗は欧米の食事が原因

プロパンテリンを利用し汗の量を減らすことは重要ですが、普段の食事を意識してもいいかと思います。

いままでは考えていなかったんですが、これからは欧米の食をやめて、日本食に切り替えようかな?どうしても、一人暮らしをしているために、食事はコンビニやファストフードなど、簡単で、メニューはほとんどが欧米の肉や加工食品、パン、などが当たり前になっています。別に、からだに悪いわけではないのですが、栄養不可だし、とくに、飽和脂肪酸が多いのが原因で、体臭の原因になるそうです。

欧米化が原因で、日本人の体臭が増えているそうです。つまり、昔は日本人の体臭の臭い人は少なく、欧米人だけが強い匂いを持っていたことになります。内側のケアせ中心となるのが食事となりますが、この原因として、方は脂肪酸が大きく関係する。肉などの油に含まれているのですが、昔の日本人は肉よりも魚を食べDHAやEPAを体内に取り込んでいたわけですん。

飽和脂肪酸は体調に送られた動物性の蛋白質や脂肪は、最近に働き、腐敗し、アンモニアや硫化水素などの匂いの強い物質に変わります。すると次第に汗とかわり体臭の大きな原因になるわけですね。今の日本では、欧米化が当たり前なので、日本食特別が難しいとまで言われている。やはり、脇汗の改善を図るためにも、普段の食生活を心がけることは重要ですね。

コメント