体の汗を洗う

よし、悩んでいる脇汗を解消するために初めているプロパンテリン。これさえあれば今まで悩んでいた多汗症を解消できるために、安心して過ごせるなぁ~。と、安心してはいけませんね。普段の生活環境にも、多少心がけることは大切のようです。

プロパンテリンは服用する薬なので、それなりの副作用があります。そのために、そこら辺を理解した上で服用をすること。このちょっとした事なんですが、考えてから使いたいものです。

私は普段から、夏も冬も汗をかこうが、かくまいが、風呂にはいるようにしています。

まぁ、もしかしたら、脇の臭いや体臭の臭いの悩みがあるために、エチケットとして心がけているわけですね。逆に風呂にはいらないと、鼻に刺激を与えるほどの臭いを醸し出しているのかもしれない・・・なかなか自分では気づかないので。

あと、風呂に入り体を洗うときにちょっとした心がけも大切です。たとえば、ゴシゴシと力強く体全体を洗うことで、逆に体臭を強くするおそれがあるそうです。なんだか、簡単に考えた時に、毛穴などに汚れが付着しているために、力強く磨いたほうが汚れが取れると思うのですが、、、しかし、皮膚上に潜む細菌の種類によって匂いが変わると言われています。この最近の優秀なことで、体を強く洗いすぎることで、刺激が伝わり、ブドウ球菌が消滅してしまい、皮脂や汗までもぎゃ国料が多くなってしまうそうです。これが原因で、量が多くなってしまうそうです。

そのために、体を洗う時はできるだけ優しく洗うことが大切ですね。

コメント